トップへ戻る

NPO法人だっぴ 若者と大人がつながることが、地域の未来を拓く

お問い合わせ・申し込み teitter facebook

だっぴの活動は、2009年にまでさかのぼります。
当時、岡山と言う地域を何とか良くしたい、おもしろくしたいと様々な取り組みにチャレンジしていた20代後半~30代の若者たちが集まって勉強交流会を開催していました。
その勉強会から派生したのが、だっぴと言う活動でした。

集まっていた当時の若者たちは、それぞれ行政やNPO、企業と言った中で、地域課題の解決に奔走する人たちでしたが、

ただ、自分たちが勉強するだけではなく、自分たちが多くの出会いと機会に恵まれて自分の行動を選択してきたように、自身の周囲にいる多くの若者たちにも、そのような機会を作らなければならないと考えていました。

そこで、2009年に初めて、自分たちのことを多くの若者に知ってもらうイベントを開催したのが最初のだっぴでした。
その後、このイベントは口コミで広がり、多くの参加者を集めますが、ゲストの選定から企画まで当事者の若者自身が担う方がより楽しいし、未来を拓くと考え、2010年からは、20代前半の学生など若者を中心とした実行委員が組織され、これまで開催していた20代後半~30代の社会人がサポートをするという仕組みに変わります。

これを機会に、イベントの規模も回数、参加者もどんどん増加していき、そして、2013年10月には、さらなる発展と地域への貢献、仕組みを定着することを目的にNPO法人化して現在に至ります。

人は、自分の人生の中で多くの転機や困難に出会います。そのとき、

やりたいことやなりたい自分を諦めるのではなく、自身の未来を選択することが出来るような社会を作りたいと考えています。

若者から大人まで多くの人が、多様な価値観や生き方に触れる機会が当たり前に地域にあり、お互いに認め合える社会。
こういう生き方もありなんだ、こんな選択もあるんだと多くの人が選択肢を多く持つ社会。

だっぴは、このような未来を目指しています

柏原 拓史
NPO法人だっぴ代表理事

岡山県岡山市生まれ。名古屋大学大学院(理学研究科)修了後、日本気象協会に入社。環境調査や気象コンサルタントの営業や分析業務に4年携わるが、地域に根差した生き方をするため岡山県環境保全事業団に転職、環境教育の普及や人材育成の業務を通した地域貢献を模索する。
その傍ら、環境保全や地域貢献を行う大人や若者がもっと繋がるべきだと考え、28歳の時に有志の勉強会やイベントの開催を始め、現在のNPO活動につながる。
現在は、サラリーマンとNPO法人代表と言う二軸での働き方をしながら、若者が諦めないで選択できる社会作りのために、年齢を超えた仲間たちと活動を展開中。

運営団体

会員・ご寄付のご案内

活動ブログ