トップへ戻る

NPO法人だっぴ 若者と大人がつながることが、地域の未来を拓く

お問い合わせ・申し込み teitter facebook

企業人だいあろぐ―中学生だっぴに参加してみて―

株式会社山陽マルナカ・楠原隆憲さん、小松原理永さん

 

10月21日に開催された旭東中学生だっぴには、株式会社山陽マルナカ様からも5名の方にご参加して頂きました。

そのうちのお二人、楠原さん(営業本部岡山統括運営部長)と小松原さん(人事部人事グループ)に参加してみてのご感想などを私、森分志学(NPO法人だっぴ)がインタビューしに行きました!

お写真は、伊渡村さん(総務部長・右上)、小松原さん(右下)、岸田さん(総務部総務グループ・左上)、楠原さん(左下)

 

―改めまして、旭東中学生だっぴに参加して頂き、ありがとうございました!率直なご感想、参加されてみていかがでしたか?

 

楠原さん

中学生と触れあう機会ははじめてだったのですが、中学生がしっかりしているというのを感じたのと、自分に素直かなあと。自分自身も初心に帰れたし、また今後こういう機会があれば、参加させてもらって、今の中学生・高校生世代の考えてることって年々変わってきていると思うので、それを聞かせてもらいたいですね。

 

小松原さん

子どもが小学6年生なんですが、1年違いであんなに大きく変わるんだなと思いました。(中学生から)色んな話が聞けた場だったので、刺激になりました。もっと他の色んな人に参加してもらえたらいいなと思いました。

 

―ありがとうございます!そう言って頂けると嬉しいです。具体的に心に残っているシーンってあったりしますか?

 

楠原さん

「親に言ってもらって嬉しかった言葉」というテーマで、一人の子が「母親から『生まれてきてくれてありがとう』と言われた」と言ってて、すごいなと思いました。なかなか親として言えない。言ったことない。笑

 

―そんな回答が!すごいですね!自分のお子さんにはなかなか言えないですよね。

 

小松原さん

私の方は、同じテーマのところで、「お母さんたちになかなか『ありがとう』って言ってもらえない」と言った子がいて、子どもから何かをしてもらったときに、そういえば私もなかなか「ありがとう」って言えてないなと反省して。「ちょっとでもいいから、そうやって(親に)褒めてほしいとか言って欲しい」って言った子が2人くらいいて、親として反省しました(笑)。

 

楠原さん

手伝ってもらうのが当たり前みたいな。

 

小松原さん

そう!ちょっと手伝ってくれたくらいじゃ、なかなか(ありがとうが)言えてないんだなという気づきが、そこでありました。親としてちょっと足りないんだなと。

 

―親目線での気づきがあったんですね!

 

―そのほかに印象に残っているシーンってあったりしますか?

 

小松原さん

なんで勉強するのかは困りました(笑)。心の中で「どうしよう」と思いました(笑)。

 

楠原さん

困った!ほかのテーマはスラスラと欠けたけど、あの質問は何書こうか悩みました(笑)。

今まで何のために勉強してきたんだろうと思い出しながら、考えました。

 

小松原さん

中学生の子の方がさらさら書いてましたね。

 

―中学生は何て答えてましたか?

 

楠原さん

自分のやりたいことをやるために勉強してる。って書いてましたね。今後、こういう職業に就きたいっていうのが前提にあって、その目標を達成するために勉強しているみたいな。

 

小松原さん

目標を持っている子もいるし、もちろん、まだ分からない子もいたんですが、プロサッカー選手になりたいって言っていた子がいて、その子は全ての質問(テーマ)への回答がそこ(サッカー選手)につながる回答になっていて、しっかりしてるなと思いました。

 

―大学生が会話のサポート役で入っていましたが、どうでしたか?

 

小松原さん

自分たちで頑張ろうとしている感じがありました!コミュニケーションをとりながら、一生懸命頑張ってくれていました。

 

楠原さん

大学生の方がおられたから、ワンクッションあって話しやすかったですね。けっこうリーダーシップを発揮してもらって、積極的にやって頂いたので参加しやすかったですね。

 

―全体を通して、一番の気づきって何でしたか?

 

楠原さん

やっぱり、初心、ピュアな気持ちが改めて大切だなと思わされたことですかね。

 

小松原さん

家族と接しているときでは分からない子どもの姿が見れたのが大きかったです。「中学生は全く社会人に対してこういう接し方をするんだな」というのを見れたのが一番大きくて。意外と大人ですね。なかなか見れない面だったので、貴重な経験でしたね。

 

―なるほど。参加された皆さん同士で学び合いが起きているというのは、とても嬉しいです。ご参加頂けたこと、改めて感謝です。本当にありがとうございました!

 

 

一覧へ戻る